• 体幹yogaのホームページ

寝かせ発酵玄米で自然と痩せる

 

先日の生涯健康美Body

「痩せ菌を増やす腸内環境」のセミナーでは
たくさんの嬉しい感想と質問頂きました。
質問の中からお答えしていきます。
 
 
【寝かせ玄米はどうやって作るのか?】
 
玄米1合に対して
小豆1合
塩1g
お好きな雑穀
お水は玄米モードの水加減より3割増し
 
3合くらいで炊飯がおすすめです。
 
一晩浸水させて朝玄米モードで炊き上がるようにセットしておきます。
炊き立てから食べられます。食事の度に
全体を混ぜます。日増しに色もお赤飯のように赤くなり、モチモチになります。
玄米特有の匂いやパサツキはありません。
 
 
 
【糖(炭水化物)は必要なエネルギー】
 
今糖質ダイエットという言葉が流行りすぎて
ご飯を食べる事に抵抗がある人が多いです。
 
しかし糖(炭水化物)は体のエネルギーですのでエネルギー不足になると、代謝が低下して
身体がしんどくなったり、ダル重くなったり
お腹が空き間食や甘いものが欲しくなったり
低代謝モードになり、少ししか食べてないのに、太りやすくなったりします。
 
 
 
 
 
【理想な糖の摂取方法】
糖は精製され食物繊維を除いたもの
炭水化物で摂取(糖+食物繊維)が理想
 
【食物繊維は腸と健康美body の味方】
腸内環境を良くしてくれる
痩せ菌を増やす
血糖値を安定させ腹もちが良く間食防止
代謝促進
便秘改善(私はパン食の時便秘体質でした)
 
※便秘や腸の動きが停滞すると、腸内は
 悪玉菌優位になり、代謝も低下し太りやすくなります。
 
 
【パンよりご飯がベター】
 
パンは食物繊維が少なく
パンよりご飯の方が👍
ご飯より雑穀米の方が👍
雑穀米より寝かせ玄米の方が👍
 
玄米でないと駄目!と言うわけではなく
続けられる事が大事です。
常にベストを目指すのではなく
より良いベターを目指して継続が大事です。
 
食べるなら国内産小麦使用などの
パンなら時々なら良いと思います。
 
 
【ご飯とおかずのバランス】
ご飯とおかずメインのお肉やお魚
副菜(野菜などのおかず)のバランスは
幕の内弁当のイメージです。
 
ご飯は脳と体のエネルギーの最低量として
一食150gは必要(大人お茶に軽く)
 
メインのお魚かお肉に 副菜2品です。
 
 
 
 
 
【栄養バランスが整うと自然と痩せる】
 
栄養療法は体を機能させるために
バランス良く食べると自然と痩せる体になります。
 
次回 パン🍞をどうやって辞めて
ご飯に切り替えられたかをお伝えします